酸化防止の頼れる成分!ルテインはサプリメントで簡単に取れる

目を守ってくれる成分

ブルーベリー

ブルーライトの悪影響

パソコンやスマートフォン、タブレットから発せられるブルーライトが問題となっています。ブルーライトはLEDディスプレイから発せられ、今や多くの機器に採用されています。毎日LEDディスプレイを見ない日はなく、多くの方の目にブルーライトが当てられています。ブルーライトが目に当たると、活性酵素が過剰に生成されることが分かっています。過剰な活性酵素は全身の老化現象を引き起こしてしまい、目にも悪影響を与えてしまいます。目の細胞が衰えてしまうため、視力の低下や目の乾き、疲れ目を引き起こしてしまうのです。ブルーライトによる活性酵素の過剰な生成は、ルテインを摂ることにより予防することができます。ルテインが配合されたサプリメントで、目を守ることが重要です。

40代になったら注意

ルテインは人の体内にもありますが、体内ではルテインを生成することはできません。ルテインを作り出せるのは植物だけであるため、積極的に補う必要があります。特に40代を過ぎた方は、毎日摂取することが重要です。40歳前後から体内のルテインは減少すると言われています。40歳を過ぎると白内障や緑内障になるリスクが高まるのは、ルテインの減少にあるのです。ルテインを摂るためにサプリメントを選ぶ際には、アントシアニンも一緒に配合されていることを重視しましょう。ブルーベリーやビルベリーに多く含まれているアントシアニンは、ルテインの効果を引き出してくれます。また、DHAが配合されたサプリメントを選ぶことで、さらに効果を実感することができます。サプリメントでアントシアニンやDHAと一緒に摂り、ルテインで毎日目を守ってみてはいかがでしょうか。